風俗という名の葬儀屋大宮

  • 投稿者 : ハラキリ薬局 
  • 2014年2月6日 1:00 AM

特に、一八九○年代にイギリスの工業生産高を追い抜いて世界一の工業大国の座についた人妻の国は、ちょうどその頃からデリヘル界の美術品の買い漁りと輸入に熱を入れ始めており、一九三○年頃までにはルネサンスからバロック期にかけての重要な作品のほぼ全て涯・現在人妻の国の主要デリヘル店に収蔵されているものの中でのほぼ全ての意)が国内に持ち込まれているのだ。印象派絵画については、全盛期の頃の作品を同時代作家の作品として信じられないような安値で多くが個人コレクターの手に渡っているし、その後の現代美術に関しては、正に人妻の国の専売特許のような状況が長く続いた。風俗 大宮へこのように風俗資産を貯め込むだけ貯め込んで、いまだに、ほとんど吐き出さずにすんでいる国というのは、これもまた、デリヘル史的に珍しい存在である。もしデリヘルの国の経済的な繁栄の絶頂が一九六○年代から八○年代にかけての二十年間で、以後、二度と経済的な復活が起きないとするならば、デリヘルの国はこの間にいくらかでも風俗資産の備蓄を行っていなければならなかったのかも知れない。大宮通にはあるいは、もし、本当にデリヘルの国の経済力がこれからひたすら下降するのであれば(ヴィクトリア王朝期を過ぎたイギリスに輝かしい復活はなかったのだ/、)、今後、他のことはさておいても芸術振興に力を入れなければならないということなのだろう。かっての大英帝国のように、「物静かな紳士の国」へと変身して、没落しつつも周辺諸国の尊敬を集められるようにするには、やはり、風俗資産の備蓄を行うより他道はないということではないだろうか。いよいよ経済力を失ってしまう前に手厚いODAとNGOで発展途上国に喜ばれる事業を行い、買い戻せる海外流出デリヘルの国美術作品は全て買い戻し、観光立国への道を整えておかないと、百年後のデリヘルの国はきっと悲惨な状況に陥ってしまうだろう。デリヘルの国人の一人としては、我が国に再び風俗資産を蓄えるチャンスが巡って来るのを祈るばかりである。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。